2016年2月4日を持ちまして松本での営業を終了いたしました
長らくのご愛顧ありがとうございました








1つの魔法

営業は昨日まで、そして今日は、最近ちっとも更新できていないこのブログにもちゃんと年末の締めくくりを残すため出勤してきました。

新年はあけましてあけましてあけまして... 9日より仕事&『トニコのだるま市』はじめ、とさせていただきます。

 



実は今夏、不肖わたくしも結婚いたしました。



振り返ると、2014年はまだ寒い頃から、また寒い今に至るまで、ずっと「結婚」にまつわるエトセトラに奮闘していたように思います。
何度も申し上げますが不肖わたくし。こんなわたくしと結婚したいと物好きな彼から言われ、わたくしなりに思いをめぐらせ、めぐらせ、めぐらせていたらもう今日...という感は否めませんが、実際はそれなりにいくつかの決心や決断をして今に至りました。

結婚して初めて向かえるお正月ということもあり、今までお正月早々より営業してきておりましたトニコも、思い切ってどどんとお休みをいただた次第です。帰省や初詣などの折に立ち寄って下さっていたお客さまには大変申し訳なく思っていますが、これもまたトニコであり、これからのトニコもそんなわけで、いろいろ変化していくのかなあ、と思っています。

昨日までに22通りのだるまも大集結しました。
お披露目はまだ少し先になりますが、来年もまた『トニコのだるま市』で新年をスタートできること、とても嬉しく思っています。

今年も一年ありがとうございました。
良いお年を!



ところでceroの新譜に小沢健二の「1つの魔法(終わりのない愛しさを与え)」のカバーが収録されているんだけど、2014年の年の瀬にこうして今の若者が演奏しているのを聴いていると、ほんとにオザケンったら一歩も二歩も先を歩いていてくれたんだなーって思います。(そしてceroのそのシングルもカバーも含めて世界観がまるっとしていて素晴らし!)
そういえばceroの高城くんがいつだったかのイベントでDJしていた時に、すっごく良い曲かけていて、終わった後思わず、さっきの曲なんですか?って聞いてみたら、なんとオザケンの曲だったってエピソードがあります。私。知らないわけないのに、そこで耳に入ってきたその曲は、キラキラしていて、全然昔の曲って感じじゃなかったんだよなあ。当時の凡庸な私の耳には入って来てなかったっていうのもあるかもしれないんだけど。

まあ、そんな事はわざわざここに書き記さなくてもいいのかもしれないけど、そんなことをいつになくしてしまうのも、また年の瀬...ということで。




 
ある日のこと 






<< NEW | TOP | OLD>>