2016年2月4日を持ちまして松本での営業を終了いたしました
長らくのご愛顧ありがとうございました








春待ち蚤の市

たくさんのお問い合わせいただきありがとうございます。
ようやく詳細が決まりましたのでお知らせいたしまーす。

作家出品によるフリーマーケット&ワケあり市、キジブックス・Little Booksellers による春待ち文庫、トニコの最初で最後?の大セールの3本立てでございます。
詳しくはトニコのwebサイト・トップページからご覧ください。

トニコは2007年2月3日にひっそりとオープンしました。
オープン初日、新しく作り付けた棚はまだがらんとしていて、塗り変えた壁はまぶしいくらいに白くて、フィッティングルームはまだ床のタイルを敷いただけで作るかも迷っていました。
あれから9年。
お店で使うから...と言い訳して、コツコツ買い足していったいろんな什器も加わり、フィッティングルームも無事出来上がり、何年か前にはバックヤードも作ったりして、気付くとずいぶん賑やかになっていました。

最後の催しは『春待ち蚤の市』
春を待つって銘打ったくらいなので、開店記念日の節分ではなく「立春」の2月4日に松本店の扉を閉じようと思います。

ぜひみなさんお出掛けください。
会期中、お休みがないよう只今絶賛、シフトを組んでおります。もうしばらくお待ちください。日替わりでいろんな作家さんが店頭に立ってくれるかも!

それから、閉店後の2月7日(日)の夜、ポットラック(持ち寄り)パーティーの機会を設けます。
出席いただける場合は、2/1までにお電話(0263-34-6621)またはe-mail(info@tonico-web.com)でご予約ください。会費はナシで、お飲物やお惣菜・おつまみ・お菓子など、みんなでシェアできるものを一品お持ちくださいね。
みなさんと現店舗のおまけの時間を楽しめたら、と思います。

トニコがここを離れること、惜しんでくださる声、たくさんいただき、私は返す言葉がなかなか見つかりません。私のお店であって、私のお店ではないのだなぁ、と申し訳ないような、切ないような、でも誇らしいような。いろんな気持ちがぐるぐるしてます。
何はともあれ、本当に今までありがとうございました。
残り僅かではありますが、この場所にあるトニコを最後まで面白がっていただけたら幸いです。

展覧会・イベント 






<< NEW | TOP | OLD>>