2016年2月4日を持ちまして松本での営業を終了いたしました
長らくのご愛顧ありがとうございました








ティータイム

本日よりBleuBlancheによるpetit exposition 『BB Tearoom』がスタートしました。

お茶の時間にあったら楽しい布小物をあれこれ展示販売いたします。
時折見せる春の顔にソワソワしてしまう2月ですね。ぜひお出掛けください。

そうそう。
贈り物上手のBBから、展示を見に来てくれたお客様に、と祇園小石の飴ちゃんをいただいております。ちょっとつまめるように置いてありますので、遠慮なくご賞味くださいね。

展覧会・イベント 










トニコのだるま市8(ホ)
写真(左上から時計周りに):野村 剛・ninjinsan・木村彩子・kimi-noix


 
展覧会・イベント 










トニコのだるま市8(二)
写真(左上から時計周りに):小沢夏美・柳澤友子・金井三和(スミレ研究所)・小口緑子・ようさん工房・Chez Momo



 
展覧会・イベント 










トニコのだるま市8(ハ)
 写真(左上から時計周りに):高橋 漠・itouaya [wawa]・いわさえり・Akane BonBon

 
展覧会・イベント 










トニコのだるま市8(ロ)
写真(左上から時計周りに):藤田道子・福田利之・田中一光・HIGASHI ALPS(落合 恵)


 
展覧会・イベント 










トニコのだるま市8(イ)
写真(左上から時計周りに):松永悠一郎・山崎美帆・mauve 山本葵・モモセヒロコ



「トニコのだるま市」も8回めとなりました。

縁起の良さそうなだるま数字の8回め。先日、松本経済新聞の取材を受けながら気付いたことなのですが、今年は新顔の作り手さんがいませんでした。でも何なんでしょう。この新鮮さ!
つくづく作り手のみんなのフレッシュさと、“だるま” というテーマの奥深さに感心しています。

今日は今季初なのでは?という大雪。外はしんしんと降り続く雪のせいか静かですが、店内はだるまの赤色が多いせいか、なんだかとっても明るくて暖かい気がします。

あめ市も終わり、ぐっと日常に戻った感じのする今日この頃ですが、トニコのだるま市は2月8日まで続いております。ぜひお出掛けください。

 
展覧会・イベント 










感覚すべて


『ウールとかヒツジとか』
沢山の方に楽しんでいただき、ありがとうございました。

今回トニコに集結した『ウールとかヒツジとか』な品々は、見ても触れても使ってみても、そっと寄り添ってくれるような温かさがあったなあって思います。
そして冷え込みの厳しい今日この頃、お客さんのいない時間にじっくり眺めていても、お客さんがどれにしようか迷っている時にお手伝いする時も、お買い上げいただいて包んでいる時も、やっぱりそっと温かさを添えてくれるような感覚がありました。
私も最後に何かひとつ、選んでみようと思っています。

◎会期は終了しましたが、一部作品は年内営業日中は見ていただけるようにしましたので、まだの人も、もう見たよって言う人も暮れの元気なごあいさつを交わしに来て下さいね。

-----

そして、年末年始のご案内です。
今年のトニコの営業は29日まで。
今年はたっぷり年末年始休業をいただきまして新年は9日より仕事初めとさせていただきます。

毎年恒例『トニコのだるま市』も新年あけまして1月9日スタート!
今回で8回めとなる1月恒例の企画展。総勢22名のつくり手によるだるまが集まります。
どうぞお楽しみに。


展覧会・イベント 










ウォーミングなもの

とうとう最高気温が一桁...の日々がやってまいりました。キリッと冷えた冬も嫌いではないはずだけれど身体は正直。まだまだ寒さになれないこの頃は、目覚めもすっかり悪くなりました。お布団の中にいる幸せよ...

こうなってくると恋しくなるのは、心や身体があったまるアレコレですね。
久しぶりにトニコ企画で、そんな気分を満たしてくれる展示をしたいと思っています。


案内のハガキを作るにあたり作品をお借りしたのは高見由香さん。
今年のクラフトフェアでいちばん心を掴まれたのが彼女の織り上げるストールたちでした。
ともすると「暖かそう」「素朴」「ほっこり」なんてイメージが浮かびやすい手織りのストールですが、高見さんの織り上げるストールは違います。どこかキリッとした印象。定番の模様も色合いなのか目の詰まり方なのか何だかクールでモードだし、無地のものは良く見ると繊細な模様が織り込められていてずっと見ていても飽きないほど。
5月にはミスマッチなストールでしたが、そんなの関係ないくらいクールに5月の風をうけてそよいでました。
今回、良い季節のタイミングで松本の皆さんにご紹介できること、とてもうれしく思っています。

その他、ひつじと言えば!の田路恭子さん、バッグやポーチなどトニコではお馴染みでしょうか kimi-noix、靴下を編むことにおそらく本人がいちばん夢中なんじゃないかな...RuuSocks、そして一度見た時からずっと忘れずに感触や存在が心に残っていたニッター、pelleの梅川まほさん。
以上、5名の手から生み出されるウォーミングな品々をご紹介いたします。
どうぞお楽しみに。


『ウールとかヒツジとか』12月5日〜23日。詳細はコチラをどうぞ。


展覧会・イベント 










エブリデー


山梨県北杜市を拠点に活動されているhiyoriさんが、また今年もtonicoで展示をしてくださいます。

「毎日使う革とリネン」

なるほど。いいタイトル。
革もリネンも、新品の時はパリっとしててピカっとしてて、ちょっとよそゆきの顔をしてるって思います。でも、使う度に、皺が出来たりハリが弱くなったり光沢も鈍くなったり...。そんな変化のそばに使う人の日々の暮らしがあるんでしょうね。

ぜひ毎日使いたくなるような、hiyoriの革とリネンの作品をこの機会にご覧ください。

. . . . . . . . . . . . .

hiyori 「毎日 使う 革とリネン」展
---
2014年6月13日(金)〜23日(月)
12:00-18:00(最終日のみ17:00まで)
closed:6/17. 18


展覧会・イベント 










めぐる季節


さあ。
今年もまたこの季節がやってまいりました!
松本っ子も、旅の人も、この季節の住人も、みんなで気持ちの良い5月を過ごせたらいいですね。

トニコでは西舘亜矢子さんの帽子と、松永悠一郎さんの木のオブジェの展示会を予定しております。こちらの展示会は5/10〜なのですが、すでに松永悠一郎さんの作品の一部を展示・販売をしております。また西舘亜矢子さんの帽子も5/3より先行販売を開始する予定です。
会期にはどうしても都合のつかない方や、木のオブジェって?どんな帽子?って気になる方、ぜひ連休のお出掛けコースにトニコも入れてみてくださいね。


※GW中は5/1(木)のみお休みです

-----

「麦わらの帽子と木のオブジェ」西舘亜矢子・松永悠一郎
2014年5月10日〜26日(予定)


展覧会・イベント 






<< | 2/22 | >>